症状解消への近道


▼目次

  1. 症状を解消する順番がある
  2. 1stステップ からだのメンテナンス
  3. 2ndステップ タッピングタッチ
  4. 3rdステップ 睡眠カウンセリング
  5. 4thステップ こころのメンテナンス
  6. 5thステップ ストレッチ

 

症状を解消する順番がある

あまり知られていないことですが、
うつ・自律神経失調症・肩こりなど、
メンタルや身体の不調を解消するには、
効率の良い手順(ステップ)があります

 

この手順を踏まないから、なかなか解消しなかったり、
再発したりと、遠回りしてしまうのです。

 

【アイ アピール】では、この手順を、
『家づくり』に例えて話をしています。

 

「うつ」や「自律神経失調症」の状態を例えると、
雨や風、暑さ寒さ、災害など(ストレス)で、
弱くボロボロになった建屋(心身)を表します。

 

そのままだと、快適な生活が出来ないので、
補修をするか大規模修繕工事、状況によっては、
建て直しが必要になってきます。

 

 

1stステップ からだのメンテナンス

【アイ アピール】で最初にすることは、
整体で心身の土台作りをします

 

「うつ」「自律神経失調症」なると、
初期症状としては 「肩こり」「頭痛」「めまい」など、
身体の痛みや不調が現れます。

 

たまに自覚症状がない方もいますが、
実は気づいていないだけというケースが多いです。

 

家づくりに例えると、
まず、基礎の地盤を再度固めて、
柱を補強または建て直しをすることです。

 

もし、基礎と柱が弱く細いままだったら、
どんなに立派な外見や豪華な内装にしたとしても、
もう一度、災害(ストレス)が来た時に、
その力に耐えられなくて、簡単に倒壊します。

 

なので、まず起きている、
身体の痛み・症状を解消することが、
とても大切なのです。

 

 

2ndステップ タッピングタッチ

【アイ アピール】で2番目にすることは、
タッピングタッチをすることです

 

整体で、身体の痛みや症状を解消したら、
次は、タッピングタッチで心の平静を取り戻します。

 

心の平静を取り戻すことによって、
新しい考え方や習慣を考えられる柔軟さと、
それを取り入れても良いと思える状態にします。

 

家づくりに例えると、
基礎と柱ができたので、壁と屋根をつけて、
揺れをしなやかに吸収できる建屋を完成させます。

 

 

3rdステップ 睡眠カウンセリング

【アイ アピール】で3番目にすることは、
睡眠コンサルティングをすることです

 

特に「うつ」の症状で、いちばん困るのが、
睡眠のトラブルです。

 

朝起きられない、昼間猛烈に眠い、夜寝付けない、
熟睡できない、眠りが浅く何度も目が覚める、
昼夜逆転生活、1日中寝っぱなし…など。

 

社会復帰するにも、日常生活を快適に送るにも、
睡眠トラブルの解消は、避けては通れません。

 

睡眠に何か問題があって病院にいくと、
症状にあわせて睡眠薬が処方されますが、
薬だけでは根本的な解決にはなりません。

 

なので、
自分で自分の睡眠状態を把握・調整できるようになり、
身体の状態を万全にすることが、次のステップです。

 

家づくりに例えると、
建屋が出来たので、間取りを決めて、
水道光熱関係・ケーブル・配線などのインフラ設備をつけて、
あなたが住める状態にすることです。

 

 

4thステップ こころのメンテナンス

【アイ アピール】で4番目にすることは、
心理コンサルティングをすることです

 

「体調も睡眠状態もそこそこ良い状態」で、
「身体の調整も悪くない」はずなのに、
社会復帰しても上手くいかないことがあります。

 

なぜ、「自律神経失調症」が解消しないのか?
どうして、「うつ」を再発してぶり返すのか?

 

それは、
「うつ」になる本質的な問題と原因を特定して、
引き金になっている考え方を修正していないからです。

 

あなたの考え方が変わらないと、
その後の感情・行動・身体反応も変わりません。

 

つまり、途中経過(プロセス)が一緒ならば、
結果(ゴール)もまた一緒です。

 

だから、心理コンサルティングを通じて、
本質的な問題の特定と、考え方や受け取り方の、
修正作業が必要なのです。

 

家づくりに例えると、
壁紙や照明、家具や家電などの内装を決めて、
あなたが快適に生活できる環境にすることです。

 

5thステップ ストレッチ

【アイ アピール】で最後にすることは、
ストレッチのやり方を覚えることです

 

身体の状態も良くなりました、考え方も変えました。
もう「うつ」「自律神経失調症」が解消されました。

 

一見、これですべてが終わったように思えますが、
まだ続きがあるのです。

 

家づくりに例えると、
あなたは快適に生活できる環境を手に入れたけど、
家を建てた瞬間から、雨風にさらされ始めます。

 

外壁を塗り替えたり、屋根瓦を変えたり、
給湯器や設備が老朽化してきたりと、
快適な住環境を維持するために、
保守と補修を必ず行う必要があります。

 

人間も同じ事で、
ストレスにさらされる社会環境の中で、
心身のメンテナンスが常に必要です。

 

冒頭で、「うつ」「自律神経失調症」は、
「肩こり」「頭痛」「めまい」などの、
身体の不調が最初に現れると話しました。

 

なので、身体を快適な状態を保つために、
専用のセルフケアストレッチで、
自分で自分のメンテナンスをしていきます。

 

ここまで来れば、もう大丈夫。
「うつ」や「自律神経失調症」や「肩こり」など、
メンタルや身体の不調に悩まされない人生が待っています。

 

「健康コラム」へ

Homeへ戻る

 


カテゴリー

PAGE TOP