口癖の怖さ


今日は、ニュースから気になったことを書いてみる。

 

歌手の華原朋美さんが、こんなことをTwitterでつぶやいた。

「私はどうせしあわせになんかなれない。とか男運がないとか。正直そう思いました。」

 

背景は、華原朋美さんが付き合っている相手が、
二股の交際をしていることが発覚した時の発言。

 

私は、華原朋美さんの関係者でもないし、ファンでもないので、
誰と付き合おうが、どういう私生活を送っていようが、一切興味がない。

 

ただ、冒頭の言葉だけは気になった。
「…どうせ…。正直…」

 

今までの事実を表現しているのだろうけど、
【事実】が「…どうせ…」を招いているのではなく、
「…どうせ…」が【事実】を招いていることに気づいていない。

 

人間は、ポジティブならポジティブに、ネガティブならネガティブに、
自分で思っている通りの結果や人生に従っている。

 

無意識・潜在意識・顕在意識問わず、自分が使っているの考えや言葉が、
そのまま現実の事象として現れる。

 

華原朋美さんも、自分では意識できないところで、
様々なネガティブワード、ネガティブアクションをしているのだろう。

 

「そこ」がすべての根本だと気づいて、
ほんの少し言葉と行動を変えれば改善する。

 

しかし、「そこ」は本人自身が自分で気づくか、
行動を変えることを本人自身で決断するしかない。

 

本人自身で「何か」を変えてもらって、
ぜひ幸せになって欲しいと願う。
誰もが幸せになる権利と可能性があるのだから。

 

 


関連記事一覧

PAGE TOP