嫌々やるか、前向きにやるかで、結果は違う


今年は、自治会の役員をしている。

 

私の役目のひとつは、年末恒例の赤い羽根共同募金の集金。
住んでいるマンションが約60室ある。

 

実は、私、こういう営業が大の苦手。
サラリーマン時代に、飛び込み営業をした経験があるが、
大きなトラウマになった記憶しか残っていない。

 

ン年ぶりに、この様な役目が回って来て、
最初は、もちろん嫌で嫌で仕方なかった。

 

想像するだけでも、肩こりやめまいに悪寒、
自律神経失調症みたいな症状が出掛かる。

 

いつもなら、このまま放棄しかねないくらい、
腰が重いのだが、考え方を180°変えることにした。

 

「募金で救われる、心が落ち着く方が待ってるから、代わりに集めて届けるんだ」

 

人間不思議なもので、自分の欲から外れたことを始めると、
思いのほかスムーズに動けるもの。
肩こりや自律神経失調症みたいなものは、どこへやら(笑)

 

約1時間半かけて全戸をまわり、留守のお宅などいろいろあったが、
半分くらいの方が協力してくれた。

 

最後のお宅を回ったときに、そのお宅の玄関に、
おびただしい折り紙の鶴が飾ってあった。
千羽鶴みたいなものも所狭しとぶら下がっている。

 

「きれいですね~」って言ったら、
そこにひとりで住んでいるお婆様の表情も、
パッと明るくなった。

 

折り鶴は、昔からの趣味で、
時間があると黙々と折っているらしい。

 

他にも、前に住んでいたところ、亡くなった旦那様のこと、
昔していた仕事、得意だったその他の趣味のこと、
堰が切れたように、言葉が止まらない。

 

結局、1時間くらいお話をお伺いして、
帰りにいくつか折り鶴を頂いた。

 

最高のご褒美を頂いた、そんな様な気がした。

 

 

 

 

 

 


関連記事一覧

PAGE TOP