あえて他人に撮られてみる体験をすると…


オレはカメラマン。
だけど、「他人に撮られること」は、
意外と多くない。

それを、あえて、
他人に撮られて見る体験をすると、
どうなるのか?

 

先日、カメラ王子こと、
Sakaguchi Kojiさんに、
写真を撮って頂きました。

同じSony使いのカメラマンが、
どんな写真を撮るのか?

SONYの新レンズ
【FE 100mm F2.8 STF GM OSS】
がどんな映りをするのか?

KojiさんのFacebookのタイムラインが、
とても気になりましてね(笑)

 

それと、写心仲間以外の方が、
どういう風に撮るのか?

30数年写真嫌いだったオレにとって、
写心以外の写真を撮ってもらうこと…
これ、実はとても勇気がいるの。

ある種怖いもの見たさっていうか…笑

そんな感じで、
期待多数、不安少々で撮影に臨んだら、
結構面白く楽しかったわ。

kojiさん自体もとても面白いひとで、
ひとをノセるのが、これまた上手いこと♪

まあ、オレもノッてくると、
リミットはかけないんで、
相当アホみたいにはしゃいで、
ノリノリで遊んできました^^

実際撮られてみて、
結局「ひと」なんだなあと、
改めて思ったね。

「写真が嫌い」だったんではなく、
「そのひとが撮る写真」

もっとぶっちゃけると、
「そういう写真をとるひと」
が嫌いだったんだ。

いろんな気づきを得た時間でした。
Kojiさんありがとうございました^^

 


関連記事一覧

PAGE TOP