イメージだけだと、もったいないぜ!


イメージだけで語るなよ!
それって、ホントのことかい?

 

オレも油断すると、
やりがちなんだけど、

 

見たことも聞いたこともなく、
触れたり感じた経験もない、
じぶんの知らない世界って、
たくさんあると思うのね。

 

名前はどっかで聞いたことある、
内容はうっすら知っている、
「コト」や「モノ」って、
これまた山のようにあるんさ。

 

正しく理解してなかったり、
上っ面の知識だけで判断したり、

 

究極のところ、イメージだけで、
「好き」か「嫌いか」で、
ジャッジしてしまいがち。

 

もちろん、胡散臭そうだったり、
明らかに怪しそうなのは、
ムリに近寄らなくてもいいけど、

 

実際、観たり、聴いたり、
触れたり、感じたりすることで、
その本質や真価が理解できると思うんさ。

 

こないだ、ちょっと友達と会ってて、
ソイツが、いろんなネタを語ったんだけど、

 

「アレはいい」「コレはだめだ」って、
散々言う訳さ。

 

で、オレが、
「それ実際体験してみたのか?」
「実物みた感想なのか?」
とか、きいてみてもさ、

 

「そうじゃないんだけど…でさあ(以下省略)」
てな訳。

 

中には、オレもそれをよく知ってて、
その効果の素晴らしさも知ってる、
ネタも出てきてたんだけど、

 

イメージ先行だけで良し悪し判断してて、
すごく「もったいないな」と思ったんよ。

 

「事実は、ありのままに、正確に」
ジャッジはその後でいいんだぜ^^

 

 


関連記事一覧

PAGE TOP