人生の終わり方


今日のお題「人生の終わり方」

 

あしたと未来の人生を変える、
感動と情熱の発掘専門家【佐浦あつし】です。

 

先日、義母のはなしをしました。
肺がんが再発して、入院して、
検査も受けた。

 

一時は、数値がよくなった項目もあったんですが、
その後の精査で、転移による脳腫瘍が見つかった。

 

医者からは、
「もう病院でできる手立ては、すべてやり尽くしました。」
と言われています。

 

即ち、もうできることは何もないという、
事実上の白旗ですね。

 

実際、「今後」を見据えて、
在宅療法か、緩和ケア(ホスピス)を、
具体的に検討してくださいとも言われています。

 

私の母も、7年前にがんで亡くしたのですが、
部位は違うけど、やはり同じような感じだったので、
来る時が来たかぐらいの、比較的冷静に受け止めています。

 

当の義母はというと、
体重は激減して、動くと痛みもあちこちあり、
傍から見ていると痛々しいですが、

 

これまた驚くくらい冷静で、
「わたしはまだまだ踊りたいの」
と気力だけは元気です。

 

もはや、情熱を通り越して、
執念すら感じられます。

 

正直、あとどのくらい生きられるのかは、
誰にもわかりません。

 

来年まで生きているかもしれないし、
この夏を越せないかもしれない。

 

それでも、じぶんの生きる源泉が明確になっているから、
ちっとも暗くないし、むしろ畏敬の念すら抱きます。

 

もし、あなたが、
この世での「死」を明確に感じたとき、
同じように振る舞えるでしょうか?

 

もし、あなたが、
さまざまな悩みや痛みを抱えていたとして、
このまま3か月後にこの世を去ると仮定したら、
悔いなく満足できる人生だったと言えるでしょうか?

 

情熱のあるなしで、生き方がガラッと変わるんです。
人生の終わり方もまた大きく違ってきます。

 

私も、このような機会に立ち会えることに感謝しながら、
彼女の情熱が最期まで燃え続けるように、
応援していきたいと思います。

 

そのような訳で、アイ アピールの活動も、
予期しない制限がかかることもあるかもしれません。

 

ご迷惑をおかけいたしますが、
何卒、お願い申し上げます。

 

あしたと未来の人生を変える、
感動と情熱の発掘専門家【佐浦あつし】でした。

 

 

 

 


関連記事一覧

PAGE TOP