求めるのをやめれば、求められる。


「ウチで(社員として)働かない?」
お決まりのセリフである。

 

たまにカメラの仕事の他に、
短期で出稼ぎをすることがある。

資金繰り他、様々な計画が、
予定と異なった時がほとんどで、
毎回そこは反省が必要なのだが…

今回は、平日昼間限定で、
某官公庁系のオフィスで、
事務仕事をしている。

 

かれこれ1ヶ月になるのだが、
上司(責任者?)に言われたのが、
冒頭の台詞。

 

オレは、幸か不幸か、
超ゼネラリストの道を歩んできた。
転職も片手では数えきれない。

販売・接客・サービス・物流・
総務・経理・人事・バイヤー補佐・
システム開発・看護助手・支援員.etc
経験してきた職種も、超幅広い。

 

営業・企画以外の仕事であれば、
ほぼ何でも卒なくできる。

それどころか、
様々な相乗効果のおかげで、
ほぼ何でもよくできる(笑)

で、行く先々で、
スカウトされる訳なのですわ。

 

30半ば過ぎまでは、
正社員の仕事を求めて、
頭を下げまくってきた。

実際、ほとんど全部、
正社員にはなってきた。

 

一転、サラリーマンの道を捨て、
正社員を求めなくなって以降は、
逆に求められるという現実。
皮肉なものである。

 

たしかに、ありがたい事であり、
ありがたい話であります。

こういう仕事も、けっして、
嫌いじゃないし、得意分野ですらある。

 

でも、60、65才までやりたいか?
って自問自答すると、
答えはNoである。

 

それでも、
好きなことを追い求めるのか?
求められること得意なことを、
やればいいのか?

毎回、毎日、
問われ続けているような気がする。

 

きっと、答えはないだろうから、
じぶんがより後悔しない道を、
選んで歩もうと思う。

 


関連記事一覧

PAGE TOP