撮影の時、カメラの存在を忘れると、本当の美しい表情が現れる。


撮影の時、カメラの存在を忘れると、
本当の美しい表情が現れる。

何気ないしぐさの中に、
はっ!とする瞬間がある。

 

基本、撮影の時は、
オレはあれこれ言わない。
ああしてこうしてもない。

その場で好きなことや、
したいことをしている姿を、
ただ写すだけ。

 

かと言って、最初から最後まで、
カメラを向けている訳ではない。

こっちが余計なことをしなければ、
カメラのことを忘れている時が、
一瞬でも必ずやってくる。

そんな時こそ、奥底に隠れていた、
自然な美しい感情や表情が出るんだ。

 

そういう瞬間に、
そこに一緒にいられる。
それだけでこっちも幸せを感じて、

たぶん、オレも、
同じような表情や笑っているはず(笑)


関連記事一覧

PAGE TOP