隣の芝は、常に青い。


隣の芝は、常に青く見えるもの。

 

でもさ、じぶんがそう見えるってことは、
他人もじぶんのことを、
そう見ている可能性があるってこと。

 

オレはフォトグラファーで、
どこかの企業に属している訳でもなく、
フリーで活動をしている。

 

つまりは、ひとりでやってる訳で、
常に孤独なのさ。

 

で、facebookとかで、
他人のタイムラインとか見ていると、
華々しく活動して見える。

 

「すげーな、この人…」
「コイツ、やるなあ!」

 

じぶんの感情がいろいろ出てくる。
羨望だったり、嫉妬だったり、
悔しさだったり、無力感だったり。

 

でもさ、冷静に考えると、
じぶんがそう思うってことは、

 

他人がじぶんを見ている時に、
同じように思う人もいる。

 

そう、誰もが、
「隣の芝生は青くみえる」んだ。

 

もし、羨望の気持ちがあるなら、
同じようにそのひとのマネをすればいいし、

 

もし、嫉妬の気持ちがあるなら、
じぶんの活動を見直したり、
計画を新しく立てたり、改めて、
コツコツとやればいい。

 

もし、悔しさがあるのなら、
今までの3倍努力すればいいし、

 

もし、無力感があるのなら、
一度その気持ちは自分で認めてあげて、
また明日から、歩き出せばいい。

 

じぶんの芝は、じぶんで青くすればいいんだ。
そのカギは、じぶんの手の中にある。

 


関連記事一覧

PAGE TOP