睡眠は、7時間とらなくても大丈夫。


「今日は、7時間寝られなかった…」

「8時間寝ないと満足しない…」

仮に、あなたの睡眠時間が、
今日5時間だったとします。

 

きっと、あなたは、
睡眠に対する不満や不安を口にするかもしれません。

 

実は、睡眠は、
毎日必ず7時間とらなくても大丈夫です。

 

そもそも、私たち人間の睡眠状態は、
毎日毎回変動します。

 

各人の遺伝子によっても、
ショートスリーパーだったり、
ロングスリーパーだったりします。

 

そして「毎日7時間うんぬん」は、
統計の値から導き出された、
理想に過ぎないからです。

 

一言で言えば、ほとんどは「思い込み」。
極端に支障が出ない限りは、
すべては誤差の範囲内です。

 

仮に支障が出たとしても、
対処の仕方はいくらでもあります。

 

アイ アピールの睡眠コンサルティングは、
あなたにピッタリ合うように提案しています。

 

だから、毎日の睡眠時間が短くなっても、
安心してください。

 

大事なのは、「何時間寝た」よりも、
「何時に起きたのか」ということ。

 

詳しくは、こちらをどうぞ。

 

睡眠指導士の佐浦でした。

 

 

 

 

 


関連記事一覧

PAGE TOP