Movieもカメラもクラウンも原点は同じ


やっぱりオレは、
そのひとのやさしさ、
ひとのあたたかい世界を、
撮りたい魅せたいんだと思った。

 

足掛け7ヶ月に及んだMovie作り。

 

シナリオ、絵コンテ、音楽、
完全フリーハンドでやらせてもらって、
それはそれでさまざまな重圧との、
闘いだった気がする(いい意味でね)

 

伝えたいことは何なのか?
大事にしているものは?
講座で伝えているエッセンスは?
代表やみんなの仲間の想いは?

 

そしてオレ自身の想いは?
じぶんの過去、今、未来を、
改めて掘り下げて見つめ直して、
情熱や原点を振り返る旅でもあった。

 

今回のMovieのコンセプトは、
「応援歌」

 

じぶんにも、仲間にも、
相手にも、周りにも、
心の奥まで届いて欲しい、
「応援歌」

 

ホントね、完成した時は、
マジ号泣。
何回見てもウルっとくる。
じぶんで作ってるのにね(笑)

 

いや、じぶんで作ってるからこそ、
なのかもしれない。

 

「今のオレ」だけを、
知って見て関わってくれてる人は、
なかなか信じてもらえないんだけど、
かつて30代の頃のほとんどは、暗黒時代。

 

ストレスで会社行けなくなって、
うつ・ひきこもりで計5年間、
まともな社会生活ができなかった。

 

仕事も家族も財産も、
きれいさっぱりなくなって、
人生そのものが過酷で残酷に思えた。
実際死にかけたことも何回かある。

 

そんな時に出会ったのが、
映画「パッチ・アダムス」

 

世の中こういうことがあるんだ。
こういう生き方もあるんだ。
絶望の中で、ひとすじの希望の光を見た。

 

その後、じぶんのすべてを変えようと、
身体を変えるために整体、
メンタル考え方を変えるための心理学、
脳科学、セロトニン、睡眠のこと、
癒しの技法タッピングタッチも学んだ。

 

そして、じぶんの経験を伝えたくて、
役に立ってもらいたくて、
ひとり活動をはじめた。

 

それからしばらくして、
パッチ直系のボランティア団体、
クラウンワンジャパンを知った。

 

オレもパッチと同じようなことをしたい!
それで、約2年前に仲間に加わって、
今に至る。

 

その過程で、カメラにも、
Movie作りにも出会った。

 

最初はね、結構、正直、
しんどかったこともある。

 

じぶんには大したことができない。
率先して先頭に立つのは苦手。
じぶんには何ができるんだろう?
そう考える自分が嫌になったことも、
度々あった。

 

相手を喜ばせることが、
何もできることがないと思ってた。
そうじゃないって、教わってたはずなのに。

 

だから、しばらく、
クラウンから離れたこともある。

 

でも、ひさびさに仲間と会って、
いろんな話をして聞いてるうちに、
じぶんで上げすぎてたハードルを、
下げることができた。

 

別にパフォーマンスができなくてもいい。
技術が完璧じゃなくてもいい。

 

相手が喜んでくれること、
楽しんでくれること、
笑顔になってくれること、
ホッとしてもらえること、
安心してもらえること、

 

じぶんにできること、やれることを、
できる範囲でやればいいんだ。

 

相手を想い、
そっと寄り添うだけでもいい。
そばにいるだけでもいい。
生きているだけでもいい。

 

そんな優しい、癒せる空間を、
ほんのひととき、一瞬でも作りたい。

 

それが、オレのすべての活動の原点。

 

 

…また、涙腺が緩んできた。

 

カメラも同じ。
ただ綺麗を撮りたいんじゃない。
目に見える美しさだけを撮りたいんじゃない。

 

そのひとが本来持っている、
あたたかさ、やさしさ、
そういう世界を撮ってるんだ。

 

そして、じぶんの写った姿を見て、
何かを感じて、何かを想って、
思い出して、新しく発見して、

 

「ない」ところや欠点じゃなくて、
「ある」ところ、長所やいいところを、
たっくさん見つけてもらいたい。

 

じぶんでじぶんを癒せる写真。
今までと違う生き方の、
第一歩を踏み出すための写真。
新しいじぶんの世界を見せる写真。

 

そういうのをオレは撮りたいし、
撮っているんだ。

 

Movieもおんなじ。

 

これまでもこれからも、
クラウンを続けていくし、
カメラも続けていくし、
Movieを作り続けていく。

 

世界は、そう捨てたもんじゃない。
あったかい世界を広げるために、
今日も明日もオレは活動する。

 

なんか本当に、
今日もいい日です(笑)
みんなありがとう^^

 

赤鼻カメラマン
クラウンフォトグラファー
【佐浦あつし】

 

 


関連記事一覧

PAGE TOP