話下手の人が、じぶんを表現する方法。


じぶんを表現する手段は、ひとつではない。

 

実は、オレは、
他人の話を聴くことは得意だが、
じぶんの気持ちを表に出すのが苦手だ。

 

そして、じぶんを表現することも、
あまり上手くない。

 

そう、特に「話す」ことが上手くない。
あがり症で、人の注目を一身に浴びるのがわかると、
途端にしどろもどろになる。

 

その昔は、どうにかして、
「しゃべり下手」と「あがり症」を克服したいと思っていたが、
結局、それについて考えるのを止めた。

 

理由は簡単。
苦手を克服するよりも、
得意な方法を見つけることが早いと分かったから。

 

じぶんを表現する手段は、
「話す」ことだけじゃない。

 

ペンで紙に書いたり、絵を描いたり、
キーボードでタイピングしたりでもいい。
他には、写真を撮ったり、Movieを作ったり。

 

そう、実にたくさんの方法がある。

 

オレは、その中でも、
Movieが得意なことだと気が付いた。

 

それから、だいぶ気が楽になった。
苦手なことにチャレンジすることもいいけど、
得意なことにやった方が、たぶん長続きする。

 

もしも、あなたが、
じぶんを上手く表現できなくて悶々としているなら、
ぜひ、「得意なこと」「好きなこと」で、
表現できることを探してほしい。

 

 

 

 

 

 

 


関連記事一覧

PAGE TOP