上手な写され方なんてない。それは写す側が考えばいいから。


%e2%98%85select0002_r

 

オレは、昔から「写真が嫌い」だった。
それが今はカメラマンになっている。

 

そのせいもあって、
撮影をお申し込み頂く方は、
ほとんど「写真が苦手」な方だ。

 

逆に言うと、
「写真が好き」な方は少なく、
「写真を撮りなれている」方は、
もっと珍しいね。

 

過去のじぶんも含めて、
なんで写真が苦手なのかを見てみると、
ひとつには、
「構える」のが当たり前に思っていること。

 

カメラもしくはレンズを向けられると、
「自然とポーズをとる」癖が残っている。

 

「自然とポーズをとる」ということは、
「意識的に」やっているということ。

 

この「意識的」がクセ者で、
意識するから、ぎこちなさが身体に伝わり、
写る姿もぎこちなさがストレートに現れる。

 

それを見ると、
「じぶんじゃない」じぶんが、
そこにはある。

 

だから、カメラもしくはレンズに対して、
いかに意識しないかがカギ。

 

それは、写される方が考えることではない。
写す側が「いかに」意識させないかが、
最も重要なのだ。

 

だから、オレに撮られる人は、
あまり考えなくてもいいんだ。
どうすればいいのかは、
オレが知っているから。

 

なので、心配しないで、
写されに来て欲しい。

 

 

 

 


関連記事一覧

PAGE TOP