「やめたい」「消えたい」「死にたい」…それ、誰のため?


さて、またまたご無沙汰になりました。

 

最近、縮小したメンタルの相談ですが、
それでもちょいちょいご相談を頂いています。

 

それぞれ、悩みは違うんですけど、
共通している部分があります。

 

それは、ほとんど対人関係。
「あの人がひどいことをしたから…」
「だれそれがこんなことしなければ…」
こんな感じです。

 

話をきいていると、
いつまで経っても終わらないほど、
悲しみや怒りがふつふつと湧いてきます。

 

「やめたい」「消えたい」「死にたい」
そんな物騒な言葉も時折出てくることもあります。

 

こんなことされた、あんなこと言われた、
それはよくわかるんですが、
肝心なのは、その後です。

 

「で、あなたは”本当”はどうされたかったんですか?」

 

ズバリ本音の部分ですね。
こちらがそう言うと、
ピタリと言葉が止まります。

 

そこなんですよ、問題は。
あれされた、これ言われたのは「事実」。
「事実」を受けて出たのが「感情」。

 

じゃあ、「感情」の奥にある「本音」は?
「本音」に焦点をあてなければ、
じぶんの中のメンタルの問題は解決しません。

 

そもそも、「やめたい」「消えたい」「死にたい」は、
何のためですか? 誰のためですか?

 

じぶんの本音を隠すためじゃないんですか?
「かわいそう」なじぶんを守るためですか?
気を引きたいとしたいだけじゃないんですか?

 

それで、死ぬなんてバカバカしいですよ。
まあ、オレも昔はじぶんで死にかけてるんで、
大きなことは言えないんですけどね。

 

そのおかげで、バカバカしさに気づいたので、
こうして微々たるものですが、
力になっている訳で。

 

仕事であれ、恋愛であれ、
人間関係はつきものです。

 

もし、何か問題が起きたとして、
「やめたい」「消えたい」「死にたい」と思ったら、
その本音は何ですか?
とじぶん自身に聞いてあげましょう。

 

 

 

 

 


関連記事一覧

PAGE TOP