熊本にボランティアに行って、感じた想い。


昨日、熊本へ、
Clown One Japanの一人として、
ボランティアに行ってきました。

 

今のじぶんにできる、
コミュニケーションとユーモアで、
相手と自分の感情を動かし、
少しでも豊かな人生の時間を、
生み出して共有すること。

 

それがオレなりの、
クラウンとしての姿勢です。

 

仲間10名とともに、
現地入りした、熊本県益城町。
先日の大地震で、被害が大きかった場所です。

 

まず、児童館に寄って、
親子のみなさまと交流。

20161117_clown0104_r_r

 

その後、すぐ近くにオープンしていた、
益城町復興市場・屋台村を訪れる。

20161117_clown0105_r_r

ブルーシートに覆われた屋根、
剥がれた外壁、傾いたブロック塀など、
まだ災害の跡がそのままあるところも。

 

そんな中で、今できることで、
復興を応援している力強い場所。
人の持つ力を改めて見ました。

 

そして、熊本赤十字病院へ。
様々な理由で入院している、
こども達の病室を訪問しました。

 

タンバリンをたたく、
ウクレレをひく、
ホワイトボードで絵を描く、
バルーンで動物を作る…

 

それぞれのメンバーが、
それぞれできることで、
こども達と家族、
病院のドクターや看護師、
保育士やスタッフを巻き込んでいく。

 

積極的に話しかけてくる子供、
恥ずかしがって引っ込む子供、
おっかなびっくりな赤ちゃん、
見たことがない服装で泣き出す子も。

 

ひとりひとり、全く違う反応を見せる。
それでも、それだからこそ、いいんだ。
みんな違っていいんだ。
だって、生きているから。

 

こうしなきゃいけない、
こうでなれればならない、
そんなものは、何一つない。
何一つ必要ない。

 

自然で素直なこども達の、
表情や反応を見て感じて、
じぶんが人間であることを、
再確認させてくれた。

 

ここにいるこども達は、
少なくとも他の人よりも、
生命の危機により近いところにいる。

 

近いうちに元気になるかもしれない、
1ヶ月経ってもそのままかもしれない、
ひょっとすると明日いないかもしれない。

 

各々がそれぞれの状況や状態と、
否応なく向き合わなければならない。
それを見守る家族やまわりの大人たちも、
また同様だと思う。

 

つらいかもしれない、
痛いかもしれない、
しんどいかもしれない。

 

そして、このこども達は、
「今」としか向き合っていない。

 

それに比べれば、
やれ、仕事がどうだとか、
あの人にこんなことをされたとか、
この人にこんなこと言われたとか、

 

じぶん達に起きる、
ほとんどの問題なんぞは、
ホント、小さなことだと感じるし、
マジで、どうでもよく思えてくる。

20161117_clown0101_r_r

 

…今後も、じぶんが提供していることや、
クラウンワンジャパンでの活動を通して、

 

少しでも関わる人、あった人の、
QOLの向上の一助になれるよう、
今のじぶんに今できることを、
積極的に提供していきたいと思う。

 

こういうことができる、
素晴らしく素敵な仲間に恵まれて、
オレは幸せ者だと思う^^

 

P.S 熊本の地元紙が「クラウンワンジャパン」の取材に来ていました。
ついでにオレまで映っちゃいました(笑)


関連記事一覧

PAGE TOP