あきらめる勇気


今日のお題「あきらめる勇気」

 

明日の「やる気」「モチベーション」を変える
メンタルとからだのストレスケアの専門家【佐浦あつし】です。

 

特に、今「うつ」の方、「うつっぽい」方、
人間関係で上手くいっていない方にはおススメです。

 

先日こんなことがありました。

 

私は【アイ アピール】以外にも、
とあるメンタルヘルスケアルームの、
お手伝いをさせて頂いていました。

 

来店されるクライアントさんにも、
電話をかけてくる方にも、
丁寧に親切に対応していました。

 

ルームの運営がスムーズにいくように、
総務、庶務、雑務、一般事務処理など、
熱心に取り組んでいました。

 

何かイレギュラーなことがおきたとき、
あるいはルームのために良かれと思ったときには、
きちんと報告・連絡・相談をして対応してきました。

もちろん、私も人間ですから、
ミスをすることはあります。

 

そんな時でも、言い訳もせず弁解もせず、
事実を報告して、素直に謝罪をしてきました。

 

それでも、様々な誤解やカン違いをされて、
身に覚えのない濡れ衣を着させられて、
結局は、このルームから追われることになりました。

 

あまり細かいことは書けないですが、
ざっくり説明するとこんな状況です。

 

さて、あなただったら、
こんな状況どうしますか?

 

以前のじぶんだったら、
何とかわかってもらおうとか、
どうにか誤解を解こうと思って、
それぞれの関係者に説明にまわったでしょう。

 

今のじぶんは、
きっぱり「あきらめます」(笑)

 

なぜなら、じぶんがやれることは、
すべてやり尽くしているからです。

 

きちんと説明はした、主観的にも感情的にもならず、
誰でも事実がわかるような、客観的をしたし、
悪かった点は素直に謝った。

 

誤解やカン違いに基づいた先方の言い分については、
こちらも丁寧にいいたいことは言わせてもらった。

 

自分の責任を果たしたからです。

 

ここまでしても、相手が変わらなかったり、
相手の誤解と解けなかったとしても、
それは、相手の責任です。
じぶんの問題や責任ではない

 

正直、悔しかったです。
嫌な思いもしました。

 

でも、じぶんの問題や責任ではないから、
そのことでじぶんが悩む必要は全くない

 

これが、「あきらめる勇気」です。

 

じぶんにはじぶんのフィルター、
相手には相手のフィルターがあります。

 

じぶんの伝えたいことや言いたい事は、
じぶんのフィルターと相手のフィルターを通して、
相手に届きます。逆もまた同じです。

 

100%じぶんが思うことや考えた通りには、
伝わらないのです。

 

まして、相手の側のフィルターに、
様々な決め付けや思い込みや偏見があれば、
ますます正確には伝わりません。

 

むしろ、悪意にしか受け取られません。

 

じぶんとして、やれることをすべてやって、
結果が伴わなかったとしても、
それはそれで「しょうがない」んです。

 

そういう時は、すっぱり「あきらめて」、
じぶんを必要としてくる人や場所のために、
じぶんの「情熱」を注げばいいんです。

 

そう、人間関係においては、
「すべてをわかってもらうとは思わないこと」。

 

じぶんの問題は、じぶんの問題。
相手の問題は、相手の問題。
きっちり、じぶんで線引きをすることが大切です。

 

やれることをやってもダメな時は、
「あきらめること」。

 

明日の「やる気」「モチベーション」を変える
メンタルとからだのストレスケアの専門家【佐浦あつし】でした。

 

 


関連記事一覧

PAGE TOP