いい時のじぶんも、悪い時のじぶんも、認めれば幸せに感じる。


今、ここで、
生きていることだけでも、
幸せなことだと思う。

 

年が明けてから、
やたらと夢を見るようになった。

 

ほとんどが、
黒歴史だった時代の、
結構リアルなものが多い。

 

夢と現実の区別がつかず、
起きたときにはじめて、
「今」のじぶんに気が付く。

 

夢占いも信じる趣味もなければ、
夢に意味づけをする趣向はない。

 

ただ、生まれてから、
黒歴史や白歴史を経て、
今のじぶんがここにある。

 

それだけは、
間違いのない事実だから。

 

だから、
どんなにキツイことや、
どんなにツラいことや、
どんなに嬉しいことや、
どんなに楽しいことがあっても、

 

それも全部ひっくるめて、
認めてあげよう。

 

そう思うようにしてきたら、
今のじぶんは、
とても幸せないい人だと、
心の底から感じられるようになった。

 

ひとは幸せになるために、
生まれてきたのだから、
きっとこれでいい。

 

 


関連記事一覧

PAGE TOP