流れに逆らわない、流れに乗る。


じぶんの明日を変える「感動」と「情熱」を探す、
Movin’セラピスト【佐浦あつし】です。

 

今週、熊本県を中心とする、
大きな地震が発生して、甚大な損害が出ています。

 

被害に遭われた方、犠牲になられた方々へ、
哀悼の意を表しますと共に、
被災地の速やかなご復興を心よりお祈りいたします。

 

アイ アピールでは、熊本県庁を通じて、
ささやかではありますが、義捐金を送りました。
今後も継続して、何らかの助力をさせて頂きます。

 

さて、今日の本題です。

「流れに逆らわない、流れに乗る」

 

実は、私、今週はじめから、
あまり調子がよくありませんでした。

 

別に風邪を引いたわけでもなく、
病気になったわけでもなく、
ただ「調子がわるい」状態。

 

別な言い方をすると、
「なんかしっくりこない」感じ。

 

なんか変だなと思ったら、
熊本を中心とした大地震が起きて…

 

こじつけているつもりはないですが、
そういう時って、やはりあるんです。

 

他にも、仕事や日常生活をしている中で、
周期的に必ず波が来ます。

 

何をやっても絶好調の時もあれば、
何をやっても裏目に出る時もやってきます。

 

そういう時にこそ、
「流れに逆らわない、流れに乗る」

 

「うん、今はツイている」
「ああ、今はイマイチだね」

 

別に、じぶんが悪いわけでもない。
だから、じぶんを責めない、
足掻こうとしない、もがかない。

 

ただ、今の状態を、
あるがままに「認識する」だけ。

 

かつて、私がうつだった頃を振り返ってみると、
ひたすら「波に逆らっていたな」と思います。

 

仕事でもプライベートでも、
何かうまくいかないことがあると、

 

じぶんの努力が足りないばかりに、
必死に頑張って、歯食いしばって、
足掻いて、もがいて、暴れて…

 

だけど、底なし沼かアリ地獄のように、
逆にどんどん深みにはまって…

 

結局、一度も好転もせず、
すべて裏目にでました。

 

そこで、学んだのが、
「流れに逆らわない、流れに乗る」こと。

 

どんなに絶好調だとしても、
山には頂上があるように、
登った後は、必ずふもとに下りる。

 

逆も同じで、どんなに深い谷でも、
底まで降りれば、あとは登るだけ。

 

ひとつカン違いしてほしくないのが、
どんな状況でも、一歩ずつ前に歩くことが大切。
どんな時でも、今やれることをやる。

 

谷底の状態で、良い流れを待って、
動かずにただじっとしていても変わらない。

 

もし、例えば、布団から起き上がるのもつらかったとする。
そういうときでも、一歩前に動くことを意識する。

 

起き上がるのがつらかったら、別に起き上がらなくてもいい。
「明日、起き上がれるように、今は起き上がらない」
こう思えばいい。

 

今回の大地震に限らず、様々な節目などで、
様々な山や谷の波は、誰にも等しく必ず訪れる。

 

だけど、夜の次は朝になるように、
どんなに濃い闇でも、夜明けは必ず来る。

 

少しでも一歩前へ、
流れに逆らわない、流れに乗る。

 

一歩前に出ようとするあなたを、
私は応援します。

 

じぶんの明日を変える「感動」と「情熱」を探す、
Movin’セラピスト【佐浦あつし】でした。

 

 

 

 

 

 

 


関連記事一覧

PAGE TOP