なぜ、Movieなのか? なぜMovieが感動を生むのか?


私の人生が大きく変わったきっかけは、
「かんたん感動Movie」と出会ったから。

 

心理学の基礎を学びに行っていたスクールで、
講義の終わりに流れてくる、メッセージMovie。

 

約3分弱の写真とメッセージと音楽は、
じぶんの心の奥深く突き刺さり、
気がつけば、涙で顔はボロボロ。

 

激しく揺さぶられる感情に感動。
「これだ」と思った。

 

それから、それを作っていた「うのつとむ」さんに弟子入りして、
メッセージMovieの作り方を教えてもらった。

 

最初は、1分ちょいの小さな小さなMovieしか作れなった。
けれども、じぶんが感動するポイントは、
じぶん自身が一番よく知っている。
じーんときた。

 

どんどん面白くなって、8分を超える大作をつくってしまった。
これをコンペに出したら、「もう一度観たい!」賞を頂いた。

 

どんどん作るたびに、どんどん表現方法が広がって、
どんどん感動して、どんどん観てもらう人に感動してもらった。

 

また、それが面白くなって、
今度は、Movieの作り方を教える側に立つことにした。

 

デジカメやスマホで撮った写真画像、
状況説明やじぶんの想いを乗せたメッセージ、
そして、そのシーンに合ったBGM音楽。

 

それぞれだけでも、それなりに感動するけど、
この3つが一緒に重なると、
とんでもない相乗効果がでて、
じぶんが想像した以上の感動が生まれる。

 

感動が作り手と受けてをつないで「共感」を呼ぶ。
これが、メッセージMovieの真骨頂。
だから、Movie。だから、Movieが感動を生む。

 

 

今度、志を同じくする、Movieカウンセラーが、
それぞれ作品を持ち寄って上映するイベントがある。

 

題して、「第3回Movie甲子園 in 大阪」

 

今年も、じぶんも含めて、
どんなMovieが上映されるのか?

どんな表現方法があるのか?

どんな感動が待っているのか?

とても楽しみ。

 

一般の方も入れますので、
詳細が決まりましたら、ご案内をしますね。

 

 


関連記事一覧

PAGE TOP