11.セロトニン神経の活性方法(グルーミング)


▼目次

  1. 薬を使わない「うつ」解消方法
  2. グルーミングとは?
  3. 直接グルーミング
  4. 間接グルーミング
  5. たったひとつ気をつけること

 

前回は、セロトニン神経を活性化させる方法として、
「リズム運動」についてをお話しました。

 

今日は、セロトニン神経を活性化させる方法の、
3つめ「グルーミング」をお話します。

 

1.薬を使わない「うつ」解消方法

薬を使わない「うつ」「パニック障害」などを解消するには、
セロトニン神経の活性化が必要です。

 

セロトニン神経の活性化のキーワードは、次の3つです。

1.太陽

2.リズム運動

3.グルーミング

 

 

2.グルーミングとは?

セロトニン神経の活性をする方法のひとつは、
【グルーミング】です。

 

 

【グルーミング】という言葉を聞いて、
何が思い浮かぶでしょうか?

 

グルーミングとはひとことで、
【ふれあい】です。

 

例えば、動物の世界で言えば、
サルの毛づくろいや、ネコがお互い体を摺り寄せる、
などの行動が思い浮かぶかもしれません。

 

私たち人間の世界で言うならば、
【ふれあう】=【ふれる・触る】ことです。

 

そして、ふれあうことには、
2つのパターンがあります。

 

 

3.直接グルーミング

ひとつめのパターンは、
人同士が【直接】ふれあう行動です。

例えば、

握手をする

ハグをする

整体を受ける

タッピングタッチをする

肩をたたく

など

 

あるいは、もっと深い関係だと

・お母さんが子供に授乳をする

セックス

などもそうですね。

 

 

4.間接グルーミング

一方で、グルーミングには、
直接ふれないパターンがあります。

 

例えば、

誰かと会っておしゃべりをする

家族や恋人との他愛のない会話

茶飲み話

井戸端会議

飲み会

などなど、

これらは、間接的なグルーミング(ふれあい)です。

 

「えっ…こんなことで?」
と思われるかも知れませんが、
こんなことでセロトニン神経が活性化されます。

 

この【グルーミング】は、
セロトニン神経を活性化させるひとつの要因ですが、
さらに【オキシトシン】の分泌も促すことも知られています。
(この話は、後日お話しします)

 

セロトニン神経が活性化されることで、
脳にセロトニンが行き渡って、
安心感や落ち着きを取り戻し、
「うつ」「自律神経失調症」「パニック障害」などが、
解消されていきます

 

 

5.たったひとつ気をつけること

直接または間接的なグルーミングをするときに、
ひとつだけ注意してほしいことがあります。

 

それは、

【好きな相手】とグルーミングをすることです。

 

別な言い方をすれば、

【嫌いじゃない相手】としてください

 

まったく好意を持てない相手や、
少しでも嫌悪感がある相手だと、
すべて逆効果になります。

 

セロトニン神経が活性化されるどころか、
すべてがストレスに感じて、
どんどん衰弱していきます。

 

そう、グルーミング、ふれあうことは、
誰でも良いって訳ではないということです。

 

こう言ってはなんですが、
付き合う相手は選んでください(笑)

 

「健康コラム」
1.ストレスとは?
2.ストレスの良し悪し
3.ストレスの「見える化」
4.ストレスの種類
5.ストレスが伝わる経路
6.セロトニン神経の役割
7.セロトニン神経の習性
8.「抗うつ薬」は怖いのか?
9.セロトニン神経の活性方法(太陽)
10.セロトニン神経の活性方法(リズム運動)
11.セロトニン神経の活性方法(グルーミング) ←★いまココ

12.【抗うつ薬】を勝手に止めてみた1

13.【抗うつ薬】を勝手に止めてみた2
14.【抗うつ薬】を勝手に止めてみた3
15.【抗うつ薬】を勝手に止めてみた4

Homeへ戻る

 


カテゴリー

PAGE TOP